事業案内

リース事業

自動車リース

自動車リースの種類は、大きく分けて2種類あり、どちらかをお選びいただけます。

1. ファイナンスリース

車両及び登録諸費用、自動車諸税、自賠責保険料等のみが含まれたリースです。
車両の維持管理に要する費用はお客さまでご負担いただきます。

2. メンテナンスリース

車両及び登録諸費用、自動車諸税、自賠責保険料等の他に車両の維持管理にする費用(点検整備・継続車検整備・事故修理・代車提供等)も含めたリースです。

3. ファイナンスリースとメンテナンスリースの内容比較

項目 内容 メンテ
ナンス
ファイ
ナンス
車両代 どのメーカーでも、車種・仕様なども自由です。
登録諸費用 車庫証明・登録納車・リース申請等の費用です。
自動車諸税 取得税・重量税・自動車税等、法令に基づく費用です。
自賠責保険 リース期間中の強制保険費用です。
自動車保険 お客さまの割引率が適用になる任意保険費用です。
事故処理 保険会社と協力し迅速に事故のお手伝いをします。
保険金請求 保険会社と協力し迅速に保険金請求のお手伝いをします。
スケジュール点検 決められたサイクルで点検・整備を行ないます。 ×
法定点検 法令に基づき点検・整備を行ないます。 ×
継続車検 継続車検整備・諸手続きを行ないます。 ×
故障修理 契約内容に基づき整備・修理を行ないます。 ×
消耗部品交換 契約内容に基づき消耗部品の交換を行ないます。 ×
オイル交換 メーカーの交換基準に従って交換を行ないます。 ×
タイヤ交換 契約内容に基づきタイヤの交換を行ないます。 ×
バッテリー交換 契約内容に基づきバッテリーの交換を行ないます。 ×
代車提供 契約内容に基づき代車を提供します。 ×

4. 自動車リースのメリット

<管理上のメリット>

  • (1)複雑な車両管理業務が大幅に削減されます。
    車両購入手続き、各種税金の支払、保険関係手続きや点検・整備・継続車検・修理などの複雑な管理業務が一挙に削減されます。
  • (2)車両の稼働率が高まります。
    点検整備が定期的に実施されるため、より安全に、より効率よく車両を利用できます。
  • (3)万一の事故にもスムースに対応できます。
    万一の事故にも専門知識をもったスタッフが迅速・的確に対応し、保険会社と一体となって処理します。
  • (4)車両コストが明確になります。
    ガソリン代以外の費用は、すべてリース料に含まれていますので、車両コストが明確になります。

<経理上のメリット>

  • (1)リース料は全額経費処理できます。
    毎月のリース料は、税法上全額必要経費とすることができます。
  • (2)原価意識が高まります。
    車両コストが明確になることから社員の原価意識が高まります。
  • (3)予算策定が容易になります。
    リース料は一定であることから、予算計画を立てるうえで容易に把握できます。
  • (4)車両経費の均等化が図れます。
    コストはリース料にまとめられ期間中一定ですので、リース期間を実際の使用期間に一致させることにより経費の均等化が可能となります。

<財務上のメリット>

  • (1)資金調達が不要です。
    車両代等は全額リース会社が負担しますので、100%の融資効果が得られます。
  • (2)資金の有効活用が図れます。
    所有せずに使用することにより、資金の固定化を防ぎ、余った資金を有効に活用できます。

お問い合わせ

株式会社エネルギアL&Bパートナーズ リース部
広島市中区小町4番33号
TEL 082-242-7839
FAX 082-249-8465